鹿児島市のさとう歯科医院のトップページへ戻る

鹿児島市のさとう歯科医院です。インプラント・審美歯科・予防歯科・口臭治療など。

携帯版アクセスマップ
携帯にURLを送る
診療案内歯っぴ〜CLUB口臭外来の専門サイト無料メール相談医院紹介



歯科における保険診療では、充填(むし歯を治療し、詰め物をつめること)や補綴(歯の周囲を削って、全体的にかぶせること。いわゆる差し歯)に使用できる材料は限られています。

奥歯への補綴は銀歯(金銀パラジウム合金)に限られています。
前歯の補綴には白い歯がありますが、白い部分の材質がプラスティックに限られます。銀歯は当然見た目が悪いですし、プラスティックの場合でも時間の経過と共に変色したり、壊れやすいと言う欠点があります。

そこで、壊れにくく、変色せず、歯ぐきに対して刺激の少ないセラミックを用いることにより、見た目を自然できれいな状態にする。あるいは、歯ぐきの不ぞろいを手術等によってきれいにし、笑顔をさらに美しくする。
さらに、自分の歯の色を白くするホワイトニング(ブリーチング)などが審美歯科です。

治療費は保険が効きませんので、全て自費治療になります。
様々な種類がありますので、ここに全ての料金を表示できません。症例によって料金は変わりますので、このホームページの「無料メール相談ページ」を利用してお尋ね下さい。

咬合治療

大きく穴のあいたむし歯や歯を抜いた後、長くそのままにしておくと周囲の歯が移動して本来の咬み合わせが崩れていきます。

さらにひどくなると、アゴの位置が変化し、見た目がおかしくなるばかりではなく、アゴの関節(顎関節)の動きに異常が生じ、口が開きにくくなったり、アゴに痛みが出たり、ひどくなると首筋や肩のコリ、腰痛などの原因になる場合があります。

長期間チェックを受けることなく使用している義歯(入れ歯)などもすり減ったりして、同様の状態を引き起こしている場合があります。

1本の歯の治療をするだけでなく、お口の中全体の機能を含めて考え、咬み合わせの治療をすることでアゴの機能を正常に戻そうとするものです。

日本顎咬合学会の認定医としての研鑽を積んでおりますので、安心してご相談下さい。
治療費は、咬み合わせの診断のための咬合分析と正しいアゴの位置を決めるための検査、リハビリのための仮歯に関しては保険が効きませんので、自費になります。
最終的な補綴物(かぶすもの、差し歯)は保険の材質で作製することもできます。

ホワイトニング(ホームブリーチング)


術前は
やや黄ばんでいます






上下とも行いました
自然な白い色になりました
治療期間:上下各2週間


自分の歯の色が黄色くて気になる方は、この方法で白い歯を手に入れることができます。
まず、お口の型を取り、お口(歯並び)の形に合わせたオーダーメイドのトレーを作り、その中に漂白用のジェルを入れて、1〜2週間使用します。(期間は個人個人によって多少変わります)ずいぶん白くなります。
1日の使用時間は2時間です。

ただし、失活歯(すでに神経を取っている歯)の場合や薬剤の副作用による強度の変色の場合などは、適応症とならない場合もあります。

■治療費
トレー作製料 片顎(上下どちらか一方) 21,000円(税込)
両顎(上下とも) 36,750円(税込)
ジェル代のみ 1本につき 5,250円(税込)
※片顎、両顎の治療費には、トレー作製料およびホワイトニングジェルの費用を含む

閉塞性睡眠時無呼吸症候群

イビキで悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

イビキがひどくなると呼吸が止まる睡眠時無呼吸症候群を起こす場合が多くなります。長時間呼吸が止まることで、動脈血の酸素濃度が極端に低下し、低酸素脳症や急性心不全を起こし、死に至ることもあります。

最近では、新幹線の運転士がこれにより居眠り運転をして事故を起こしたことでクローズアップされました。

夜間就寝時に脳が休まらないために、昼間に異常に眠くなり、仕事に支障をきたしたり、交通事故を起こすなどの弊害が問題視されています。

そこで治療として、『スリープスプリント』によりイビキや呼吸停止を手軽に改善する方法があります。旅行などの際に持ち運ぶ時にも荷物にならず、装着にそれほどの負担もかからず、手軽に安眠を手にすることができます。

治療費は一般的には保険が効かず、自費となります。
しかし、医療機関にてきちんとした睡眠時無呼吸症候群に対する検査(一泊)を行い、医師よりスリープスプリントによる治療が適切であると判断された場合に限って、保険が適用されることになりました。

小児のむし歯予防管理

最近は、正しいむし歯予防の方法は確立されてきており、かなり手軽な方法でカリエスフリー(むし歯ゼロ)が実現できるようになってきました。

最もむし歯予防の確率が高いと言われる『フッ素洗口』という方法を使い、永久歯のむし歯ゼロを目指して3ヵ月毎の定期健診を継続して予防管理していきます。

⇒ 歯っぴ〜CLUB

スポーツガード(マウスガード)

ボクシングやK−1などの格闘技などでマウスピースをしているのを良く見かけると思います。あれのことです。もちろん、前歯が折れることを予防するためというのが最大の理由なのですが、もう一つ非常に重要な働きがあります。

前歯を直接打つ場合に比べて、マウスガードを装着していると脳震盪の予防につながるのです。一度脳震盪を起こすと、再度脳震盪を起こすリスクが4倍になると言われています。つまり、一度脳震盪を起こすと次は少しの衝撃でも脳震盪を再発してしまうということです。

スポーツ店などで売っている既製品もあるようですが、ピタッと来ないためにはずれやすかったり、咬み合わせがずれてしまってかえってパワーが出なくなったりします。歯科医院で作るものは全てオーダーメイドですから、ピッタリではずれやすいということはまずありません。

場合によっては名前やイニシャルなどを入れることも可能です。
現在、マウスガードの装着が義務付けられている種目は、ボクシング・K−1・極真空手・アメリカンフットボール・ラクロスなどがあります。
それ以外に前歯の損傷の多い種目は、ラグビー・バスケットボール・相撲・サッカーなどです。

治療費は保険が効かず、自費になります。
通常のものは1名分(1個)5,250円(税込)です。
名前を入れる場合や2色にする場合などは別途料金です。

<<無料メール相談はこちらから>>
前のページ
ページの先頭へ


ほんだ歯科提携クリニックの認証


(C) 2006 さとう歯科医院 All rights reserved.
Whitening & Excellent Breath/ホワイトニング & エクセレントブレス ほんだ歯科